2016年01月14日

Wild Card GB@WAS Game Report

レギュラーシーズン最後を残念な2連敗で終えてしまった我らがパッカーズ。無敵を誇っていた観戦会もこの2試合をカバーしたために残念続きでした。地区優勝を逃し、記事によってはプレイオフ進出の12チームの中でも最弱みたいな評価をされ…しかし、その2試合の惨状を目の当たりにした私達にはその評価に異を唱えることもできずにいました。
プレイオフ初戦は現地の日曜夕方のキックオフでした。日本では成人の日の朝6:40
渋谷TAKENOTSUKAでの観戦会ではキックオフ5分前に乾杯!参加者は19名でした。ひたちなかのRT89さん、長野県上田の醍醐さんという遠隔地レギュラー、新潟の準レギュラーやまとさんに加え、滋賀県から夜行バスで、ひでをさんも初参加。遠くからわざわざ来てくれた方のために今日こそは!
AFCの2試合とSEA@MINは全てアウエーチーム、つまり地区優勝できなかったシード#5,#6のチームが勝ち上がりました。特に直前のSEA@MINは、試合残り26秒でMINのKウォルシュが27ydsというタッチダウン後のコンバージョンより短い距離を外してしまうという衝撃の幕切れ!今年のプレイオフは白ジャージが席捲する?
temp160110-packers-redskins-2-5--nfl_mezz_1280_1024.jpg

パッカーズの先攻で試合開始です。

Q1

GB20からの攻撃はファーストプレイでジョーンズへの11ydsパスがヒットしますが、その後はパス、ランとも不発で早々にパント。パントも35ydsとイマイチ。
WAS33からの敵の攻撃を好調のディフェンスがしっかり抑えて3&out! ただパントが57yds飛んだ上にGB反則もあり、ボールはGB08と厳しい位置です。
ここから攻撃不発の上に反則もあり、GB05からの3rd&13でロジャーズがエンドゾーンでサックされセーフティー…点数はわずか2点ながら、早くも暗雲が立ち込める思い…
セーフティなので、GB20からのパントで相手の攻撃。ナイスリターンをされてWAS45からとなります。
逆にWASはノリノリです。サクサクと3回ダウンを更新され、GB15からのカズンズのショートパスを受けたWRジャクソンは右パイロン目がけて一直線。TDの判定も出ましたがオフィシャルレビューに。なんとゴールラインのところでボールを前に差し出すどころかお尻の後ろに持っていく手抜きプレーでボールはGB0.5地点に。もちろん渋谷は喜んだものの「結局決められるわなあ」の思いの中、ランを2回止め、その後ディレイでGB07からの3rdダウンのパスをSクリントンディクスがナイスカット!何と7点が3点に化けました!本当にあの「手抜き」で4点を儲けました。0-5、まだまだ行けるぞ!
しかし攻撃はレイシー2ydsの後、パス2回失敗であえなく3&out…奮闘のD#を休ませることができなかった。不安…
それでもマシューズのサックなどでしっかり3&outするも、GBも全く進めずパント…またしても最悪のオフェンス…どうした!

ワシントンの攻撃はWAS36から。3rd&3でTEリードに20ydsパスが決まり、GB37まで進まれ1Qが終わります。
2Q

さらに進まれてGB24から、ラジがランプレーをロスタックルさせるなどの後の3rd&10でしたが、カズンズからTEリードへのタッチダウンが決まってしまいます....うーん粘っていたのに。ただ、コンバージョンは外れて0-11となります。何だか一歩的にやられていながら11点差はマシなのかも。それでも今の攻撃力だと.....パスは最初の11yds以降7連続失敗だし、ランは進まないし....

タッチバックでGB20から。ジョーンズへのパスが久しぶりに決まり3rd&4とした後、相手12menを見逃さない早いスナップでファーストダウンを奪取。ここはさすがロジャーズ。ここでジョーンズに34ydsのロングパス!一気にWAS35へ渋谷は息を吹き返す大歓声です。さらにアダムズに9ydsのあとスタークスのランでファーストダウン。スタークスとコブのランでさらにファーストダウンを取りWAS12へ。よし、決めてくれ。パス失敗での2nd&10で、またまた12menを見てのクイックスナップのフリープレー!パスプロの後ろで左右に軽やかに動きながら狙いすましたパスがコブにヒット!ターーーーッチダーーーウン!これこれ!これでこそロジャーズです!渋谷はハイタッチの嵐!反撃ののろしだ!7-11。いけるぞ!


醍醐さん、久々。文句なしのタッチダウンビールです。あぁ勝ち続けていた日々が蘇りそうです。カンパーーーーーーイ!


さぁ次はディフェンス頼んだ!WAS20からの攻撃は1度ダウン更新され、WAS36から何とRBトンプソンに25yds中央突破されてしまいます。GB39...ところがここでLBニールがカズンズをサック!ファンブルフォース!そしてリカバー!一人三役の大殊勲!大きなターンオーバーが出ます。会場はガッツポーズとハイタッチの嵐アゲインです。

GB46からの攻撃はコブへの11ydsパスでまずファーストダウン。ジョーンズ9ydsパスの後はレイシーがゴリゴリとファーストダウンを獲得。いい感じです。次の攻撃は相手反則もありWAS24からの3rd&2からジョーンズへのパスは決まらず、残念ながらTDならず。それでもクロスビーは43ydsFGをしっかり決めます。ニールの好ディフェンスは無駄にならなかった。10-11。1点差!

残り2:54 WAS20からランで3yds進めたところで、GBタイムアウト#2。さらに5yds進めた3rd&2でまたまた最後のタイムアウト。「出た出たマッカーシーのこのパターンのタイムアウト...裏目に出なければいいが...」とのキッツいコメントも飛び出します。3rd&2からのカズンズのパスを見事に失敗に追い込み3&out! ハイドのパントリターンも17yds進んで、GB40まで進みます。時間もタイムアウトのおかげで2:22残っています。FGでも逆転だけに、とにかく得点して前半を終えたいところ。

ジョーンズに5ydsパスが決まったtころで2min。今度はスタークスの6ydsパスでダウン更新!Rロジャーズに6yds,5ydsに連続でパスを決めるなどいいテンポで前に進みます。パス失敗の後ジョーンズへの8ydsパスが決まり45秒残してWAS30。FGも蹴れる場所だが何とかファーストダウンを取りたいところ。ここでアダムズへの左ライン際への20ydsパスがヒット!時計を止めて残り38秒!残り10yds取り切ってくれ!パス失敗の後の2ndダウンで左エンドゾーンに投げられたパスはワイドオープンのアダムズへ!タッチダウン!逆転だ! 17-11! 


すべてが噛み合っての猛攻撃。3シリーズすべてを得点につなげての17点は、これぞパッカーズオフェンスです。渋谷はハイタッチのち醍醐さんの恒例行事で最高潮!

結局これで前半終了。「前半をリードで終えるなんていつ以来だろう!」って口に出す笑顔、笑顔のオンパレードのハーフタイムとなりました。会話の数も声のトーンも上昇ムード。やはり観戦会はこれでなければ困ります

後半はワシントンの先攻

Q3

WAS26からの攻撃は、カズンズがガーソンに21ydsパス、続いてはモーリスが19ydsランとビッグプレーが連続し、あっという間のGB33....次の3rd&7でクラウダーへのパスが6yds止まりで4th&1 on GB24。フィールドゴールの選択かと思いきや、ギャンブルを選択!これがTEリードへのパスでつながりしかもGB07。パス失敗、パス4ydsでGB03からレッドスキンズが何とカズンズのラン!あっさりタッチダウンを決めてしまいます。17-18...再逆転となってしまいます。渋谷にため息が出るも、全然絶望感はありません。次が大事だ!頑張れオフェンス!

GB20からのファーストプレーはアダムズへの9ydsパスが決まりますが、このプレーでアダムズは膝を痛めて退場....今日はノリノリだったのに...残念至極。ここでクーンが2yds進んでダウン更新。「くーーーーーーーーーん!」 パス失敗の後、ここで秘密兵器アブレデリスに9ydsパスが決まります。残る1yd今度はパスで6ydsを進めたのはまたまた「くーーーーーーーーーん!」 2nd&10からコブが走ってまたまた3rd&1。三度目のクーンは止められますが、WAS45から果敢にギャンブル!ここでレイシーが値千金の11ydsランでギャンブル成功!ここでビール飲み過ぎの筆者はトイレへ...とトイレの外が大歓声!なんとWAS34から再びボールを持ったレイシーが30ydsのビッグゲインでWAS04まで進みます。
temp160110-packers-redskins-3-8--nfl_mezz_1280_1024.jpg

慌ててトイレから出て次に見たプレーは残った4ydsをスタークスが右へ走って決めるシーンでした。タッチダウン!再々逆転パッカーズ。24-18! あぁ、トイレに行かなきゃビデオに撮っていたのに....

互いにタッチダウンを取り合った次のD#が重要です。WAS24からの攻撃はパスもランも封じて見事に3&out! よし!

コブが2回走って3rd&3からジョーンズに7ydsパスでしっかりファーストダウン。3rdダウンコンバージョンが決まってきましたね。コブへの15ydsパスが決まってダウン更新したところで3Q終了。

4Q

ちょうどハーフライン上から、スタークスがスルスルと抜け11ydsを稼ぐと、続くランでも7yds,3ydsをつなげて2回ダウンを更新します。レイシーといい、スタークスといい、ランが出せるようになってきました。相手反則でWAS24から、またまたスタークスが22ydsのビッグゲイン!今度はしっかりカメラを構えている前で、残り2ydsをレイシーがしっかり決めてくれました!4つ目のタッチダウンだ!


さらには2ポイントコンバージョンもアブレデリスへのパスが決まり、32-18! 4Qで2ポゼッション差としました!
もう観戦会メンバーは踊らんがばかりの喜びよう!醍醐さんのタッチダウンビールも4杯め「そんなに飲ませてどうするの!」と言いながら顔はエビス顔です!醍醐さんもタッチダウンビール4杯は久しぶりのはずです。

上の動画をTwitterで上げたところ、カンニング竹山さんから写真入りの返信が!
早速、全員回覧です。

IMG_1606.PNG


次のWASの攻撃はGB37まで進まれますが、ここでペリーとマシューズの共演サックが決まり9ydsロスさせます。その後のパスを2本止めてパント!大きい!
パッカーズも次のシリーズはダウン1回更新しただけでパントに終わります。
次のレッドスキンズの攻撃はWAS09から。1回ファーストダウンを取るものの、相次ぐプレッシャーでみるみる4th&10 on WAS23 時間はまだ5:12ですが、ここで捨て身のギャンブルに出ます。これをペリーがサック!勝ちが見えてきました!
パッカーズの攻撃はWAS17から。ラン3回で相手のタイムアウトを完全に消費させ、FGで仕上げ! 35-18! 何と17点差の3ポゼッション差です。もう文句なしです。

その後、WASも最後の頑張りでGB04まで迫った4th&3も今度はニールがサックで幕引きです!


そしてこのままのスコアで勝利のニーダウンとなりました!観戦会2連敗のあとの歓喜の時、復活の瞬間でした!

観戦会恒例の集合写真。やっぱり前2回とは違うわ!
IMG_1602.JPG

スタッツは下記の通りでした。
ロジャーズは2Qから完全復調。数字はイマイチでも見事な活躍でした。
そして私たちが待ち望んでいたのは、何よりもこの笑顔です。
temp160110-packers-redskins-3-27--nfl_mezz_1280_1024.jpg

両RBは文句なしでしょう。スタッツも双子のような数字です。
レシーバーは、ジョーンズがまたもやトップの成績です。アダムズ、コブもいい感じになってきたのですが、そのアダムズのケガが心配です。(カージナルズ戦はoutの報道も)
守備は何といってもターンオーバーを奪ったニールのもんでしょう。

Packers   
PassingCP/ATYDSTDINT
A. Rodgers21/3621020
RushingATTYDSTDLG
E. Lacy1263130
J. Starks1253122
R. Cobb52409
J. Kuhn2202
A. Rodgers1-10-1
ReceivingRECYDSTDLG
J. Jones781034
D. Adams448120
R. Cobb338115
J. Abbrederis21409
J. Starks21206
R. Rodgers21106
J. Kuhn1606
FumblesFUMLOSTRECYDS
E. Lacy1100
C. Matthews0000
M. Neal0010
KickingFGLGXPPTS
M. Crosby2/2433/39
PuntingNOAVGI20LG
T. Masthay444.0155
Kickoff ReturnsNOAVGTDLG
J. Janis122022
Punt ReturnsNOAVGTDLG
M. Hyde214017
DefenseT-ASCKINTFF
M. Burnett5-60.000
C. Hayward5-20.000
D. Randall4-40.000
M. Neal3-02.001
J. Thomas3-30.000
H. Clinton-Dix2-20.000
M. Hyde2-50.000
C. Matthews2-21.501
N. Perry2-22.500
B. Raji2-00.000
J. Ryan2-30.000
M. Daniels1-10.000
L. Guion1-10.000
L. Gunter1-00.000
J. Peppers1-10.000
Q. Rollins1-00.000
A. Mulumba0-10.000
















































     

Redskins 
PassingCP/ATYDSTDINT
K. Cousins29/4632910
RushingATTYDSTDLG
A. Morris1150019
C. Thompson125025
P. Thomas4707
K. Cousins2213T
ReceivingRECYDSTDLG
J. Reed9120124T
C. Thompson889038
P. Garcon570021
D. Jackson217014
A. Smith116016
J. Crowder31506
R. Ross1202
FumblesFUMLOSTRECYDS
K. Cousins3120
B. Breeland0010
KickingFGLGXPPTS
D. Hopkins1/1251/24
PuntingNOAVGI20LG
T. Way544.8360
Kickoff ReturnsNOAVGTDLG
R. Ross519026
Punt ReturnsNOAVGTDLG
J. Crowder1505
DefenseT-ASCKINTFF
W. Blackmon6-20.000
B. Breeland5-20.001
W. Compton5-60.000
Q. Dunbar5-00.000
M. Foster5-30.000
C. Baker2-00.000
D. Goldson2-50.000
D. Hall2-40.000
J. Hatcher2-00.000
P. Smith2-11.000
R. Jean Francois1-00.000
R. Kerrigan1-10.000
T. Knighton1-00.000
T. Murphy1-00.000
      

次はWeek16の観戦会で苦杯をなめたカージナルス戦。日本時間で、日曜の10時開始と観戦会にはもってこいの日となりました。

やられたらやり返す! 倍返しだ!
Go! Pack! Go!




posted by チェッポ at 02:16| 東京 ☁| Comment(1) | 2015観戦会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええなぁ、観戦会、愉しそうやなぁ。

晴るれば共に喜び、雨降らば共に泣く。

行きたいなぁ。2月8日には・・・。
Posted by けんちゃん at 2016年01月18日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。