2017年10月04日

現地観戦記 第4章 Day3(1)〜Kick off!

 昨日の記述で、ひとつ伝えていなかったことがあります。Brandonさんの家でのPartyの半ば、ちぃさんがらいあるさんとその場をあとにしています。「CM3」「くーさん」「あいぼう」「Pack-Man」「ノブ」の5人(空港に21時〜23時台に到着する)のピックアップのためです。「らいある」も含め7人がホテル組、というわけです。
 あの騒ぎの中、ピックアップに出かけるちぃさんには本当に頭が下がります。ただ飲んで騒いでいるだけのチェッポよりよほど「幹事」ですよね。まぁ懺悔の意味もこめてせめてレポートを頑張って残さなければなりますまい!
 これで19人のうち、18人がグリーンベイに着いたことになります。あとはPregame Partyを実施するレストラン「Distillery」で落ち合う「Go Pack」(from Canada)に出会えば、完了です。

 さて「Team B」に戻ります。
 私はグースカ寝ていて知らなかったのですが、早くから起きていたjom、marioによるとBrandonさんが「兵どもが夢の跡」と成り果てた庭や部屋を片付けておられたそうです。日本でホームパーティーをしたりすると、必ず参加者が少しでも片付けの手伝いをしようとしたり、ホストがそれをお願いしたりするものですが、アメリカンスタイルだと、ゲストはゲストに専念する(もしかしたら下手に手伝うのはホストに失礼と思う)ということかな? あの膨大な片づけ量をたくましい腕でテキパキと片付けておられたとのことでした。
 2人がキッチンで朝食のベーグルを食べている時、Brandonから朝のサイクリングに誘われたそうです。メンバーはBrandon、次男Jameson、末娘Lucyjommarioの5名。marioさんによると、彼の自転車はお隣の木工職人Nickが貸してくれたらしいですね。公園でボール遊びをした後、帰る前にマシューズの自宅に寄ってもらったとのことです。
Mario3.JPG
公園でのひととき

 Lucyは専用のカートに乗りそれをBrandonが坂道をものともせず牽引していたらしいですね。パパ頑張る!
 Jamesonは先にスイスイと行ってしまい、Brandonが「He is tough!」と言っていたとのこと。道ですれ違う車や人達と皆、挨拶をしていて、コミュニティの良好さが感じられたとmarioさんが言ってました。 
 帰ってきてNick家に自転車を返しに行くと、Nick奥さんAshleyも含めてしばし談笑しながらワンちゃん達と戯れていたそうです。
jom.JPG
Jomとワンちゃん

 jomさんが何てフレンドリーな近所付合いなんだ、と感心されてました。そんな中、Lucyがガレージから皆に飲み物を取ってきてくれたとのこと。可愛い!
 朝はこんなさわやかな話題がいいですね。昨日の酔いどれ風景とはえらい違いです(笑)
 前日といいこの日といい、こんな感じで酔っぱのすーとチェッポが朝、朦朧としている間に若い2人はしっかりとBrandon家とコミュニケーションをとってくれていました。最初の日に「Shyだから」と紹介されたJameson君はいつの間にかmarioと超仲良しになっています。(ご両親が「こんなことは珍しい」と驚いていたくらいです。)
Mario2.JPG

Mario1.JPG
marioとJamesonはベストフレンド!

 私はというと8時くらいにようやく起き出しました。実は前日に左の足首を捻ったらしく、階段の上がり降りも不自由するくらい状態は悪化していました。Game Dayになんてこった...だったのですが、用意のいいすーさん湿布を日本から持参してくださっていました。これを貼るとほんの1時間でほぼ普通に歩けるようになってます。すーさん、ありがとう!
 昨夜騒いだ上に、早朝の片づけをして、サイクリングまでしたBrandon、さすがにちょっと疲れたようでした。「Tyはどこ?」と聞くと、向こうの部屋のソファで寝ているよ、と(笑) ま、それだけ全力で楽しんだということでしょう。
 庭に出ると仕事人Nickが何やらノミを振るっています。Brandon曰く「この看板をこれから行くDistilleryに置いておくんだよ。そうすれば今後君達がグリーンベイに来る時、いつでもあの店は君達の御用達ってことさ」
 Nickもニヤッと笑いながらノミを打ち続けます。すげぇ! でも、間に合うか?

 集合時間は10:30。 10:00出発を考え準備万端整えてさぁ行くぞ!となってから、Brandonが「シャワーを浴びるから10-15分待ってくれ」と。Jay組やホテル組、そしてGo Packに「遅れそう」と連絡。ホテル組代表のちぃさんから「まぁそれくらいの遅れは織り込み済ですよ」との返事でした。外で時間を気にしながら待っていたのですがアメリカ人たちはどこ吹く風。あーーーもう10:30過ぎちゃった…というあたりで、「じゃあそろそろ行くか」みたいな。(もしかしたらさっきの看板待ち?) よく言われることですがアメリカ人にとって(特にこのようなカントリー色の強いところは?)時間なんて大雑把な目安でしかないようです。改めて各組に「11時になっちゃう」と連絡します。

 Distilleryに着きます。最後の一人Go Packさんに会いました。チケットも渡し共通費をドルでいただきました。
 実はこの日かなりのドル集金をしなければなりません。集金が終われば財布の中に2,000ドル以上を抱えることになります。慎重に皆さんからお金を受け取り、間違えぬようリストにチェックして、お札を財布にしまいます。会計というのは決して好きな仕事ではありません。できることならGame Dayにはやりたくない。この日はセキュリティチェックなどで荷物が制限されるからです。
Dist.JPG
Distillery店内

 さぁ、飲むぞーーという訳で手にはミラーライト缶を片手...なのですが、酔う前にまず集金...やっと終わったかな?という頃にちぃさんから、「FOX Newsが取材に来ている」ということで2人で外に出ます。
 実は前日の昼も、Green Bay Press Gazett(地元紙)からインタビューを受けていたので驚きはしませんでしたが、それでも英語のインタビューですからね。しかも新聞と違うのはカメラも回っているということです。2人それぞれ約10分ずつ、皆が飲んで食べてる間、飢えと渇きに耐えながらテレビの質問に答えてました。(大げさや、ちゅうんねん!)
Interview.JPG
インタビューの光景

 やっと解放されて、ビールと食事にありつきます。先ほどNickが彫った看板が皆に紹介され、裏に全員のサインをしていきます。
sign1.JPG
これでこの店も我々の「御用達」!

 と、その時! ひときわ大きな黒人が私たちの前に現れました。その特徴ある四角い顔!あの31回スーパーボウルを制した時の名DT
 Gilbert Brown !
GB3.JPG
Gilbert! やはりでかい!

 チャーリーが大ファンらしく、彼お得意の「墓堀りポーズ」を真似てました。嬉しそうでしたね。
 なんと我々一人一人にスーパー制覇のメモリアルブックGilbertのようにずっしり重い!)をプレゼントしてくれたのです。
647D3E19-8F27-4E56-BF99-1E2420D3CA43.heic
プレゼントされた記念本

255C5884-8983-4DA4-9B04-113A838349E2.heic
THE GRAVEDIGGER(墓堀り人)の文字が踊ります。

GB2.JPG
このあと、GilBertを中心にGo!Pack!Go!

 そして先ほどの看板の裏の真ん中にサイン! もう感激です!
 別れ際には彼を中心の円陣を組み、全員で「Go!Pack!Go!」を叫び…ましたがGilbertさんに「声が小さい!」と一喝され、再トライ。2回目でOKをいただきました。
 あ、土曜朝にお会いした判事さんパッカーズジャージで会いに来てくれました!
IMG_7016.JPG
法衣の時とは全然違う!

 あとはと言えば、前日までのあの大騒ぎの繰り返しです。とにかく誰彼となくハイタッチし、いたるところで「Go! Pack! Go!」の大合唱があちらこちらで響きます。
Gate1.JPG
かず、Suzuki Jr.'s この手作りの兜凄かった!

 試合開始2時間くらいでスタジアムで移動です。時々ベンガルズのジャージは見かけますが、もう99% 緑! 緑! 緑!  いよいよゲートへと向かいます。

Gate2.JPG
日の丸をたずさえ、いざ出発

Gate3.JPG
ハロウィンにはちと早いが

Gate5.JPG
あちらこちらでハイタッチ

Gate4.JPG
いよいよゲートイン!

 セキュリティチェックを抜け、スタジアムへ! おーーー、やはり最高のシートです!
 本当に目の前にフィールドが広がっています。そしてその上では選手たちがウォームアップ中! お、あそこにロジャーズが! あ、マシューズだ!ネルソンだ! そして昨日サンダル履きで我々の前に現れたクロスビーは慎重にプレースキックの練習中です。本当に夢のようです。
IMG_0455.JPG
すー撮影。やはりクロスビーが気になる

20170925051748.JPG

Lamb2.JPG
盛り上がってます!

Lamb1.JPG
ま、お似合いのご夫婦(笑)

Lamb3.JPG
我々を歓迎する文字も!

 その時、突然我々のシートに、金曜に「Team B」が遭遇したパッカーズ殿堂OB・Buchanon氏が来てくれました!約束を果たしてくれたんですね! 4人並んで座っていた「Team B」は大感激! 他の人は少々ポカン?です(笑)
Buchanon.JPG
約束通り来てくれたBuchanon氏

 さて、選手入場! もうオーロラビジョンを見たり、生の映像を見たり...大変です!

 国歌斉唱!
 実は、金曜日にトランプ大統領が問題発言して「大荒れの国歌斉唱」となることなどあの喧騒のために全く知りませんでした。私はと言えばオーロラビジョンに映る国歌の歌詞に見入りながら、あの有名なメロディーを気持ちよく歌っていました。知っていたら注目していたのにな....
DSC05865.JPG
Fly over でかっ!
 それも終わると、コイントスは幸先よく勝利し、キックを選択。
 さぁ始まります。先ほどまでのお祭り騒ぎから一変、緊張が走ります!
 さぁ、いよいよキックオフ!
DSC05875.JPG
キックオフ!

 大興奮の一戦はCMの後(笑) 

posted by チェッポ at 23:35| 東京 ☁| Comment(1) | 2017 現地観戦会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お仲間とのG.B.観戦ツアー、楽しそうで良いですね〜

僕は新しいスタジアム訪問狙いで、すっかり病みつきになりつつあるアウェイ単騎乗り込みを敢行し、L.A.に先日行ってきました。でも、イーグルスファンのほうが多いという奇妙な事態でしたが、、、。。。

ちなみに試合前にR.グッデルと遭遇しまして、その様子が「thebiglead.com」というスポーツサイトで紹介されてしまいました。いろいろな事件が起こるのが、現地観戦の醍醐味です。
Posted by crowdnoise32 at 2017年10月06日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。