2017年10月08日

現地観戦記 第6章 Day4〜スタジアムツアーなど

 最後の朝は早起きをしなければなりません。6時には起き出し荷物も片付けて、いつでも出れる準備をします。

 BrandonAshleyは夜遅くに帰ってきた気配を夢の中で感じた気がしますが、階下に人の気配はありません。多分、思い切り騒いでヘトヘトになって寝ておられるのかな?と。

 にしても、流石にお腹が空きました。夕食食べ損ないましたからね。と言って勝手に物色するわけにいかず…と思ってたらBrandonが起きて来てくれました。

 「昨日置いてきぼり食らわせやがって!」なんてことはもちろん言いませんし、思ってもいません。彼らは楽しかったんです。彼ら自身がはしゃいでいたこともそうでしょうが、すごい情熱を持って私たちを迎えてくれたこの企画のクライマックスでパッカーズが大逆転勝ちをし、ありえないくらいのハッピーエンドを迎えたことで舞い上がっていたんですね。

 彼の車があるから戻ってくるだろ、なんていうのは私たちの単なる思い込みだったし、全く怒る気になんかなりません。すっかり慣れちゃった(笑) これもアメリカなんですよね。日本で些細なことにいちいちムカついている自分が何だか、馬鹿みたいに思えて来ます。

 ベーグルを食べ美味しいコーヒーを飲みながら、昨日来てくれたギルバートブラウンの「ショベルパフォーマンス」(相手をタックルやサックした後にショベルで地面を掘るポーズ)について話がおよび、「あれは墓を掘ってるんだよね」って教えてくれました。私は「それってWWEのアンダーテーカーと同じ?」とか言うと「そうそう!」なんて喜んでましたね。雑学も役にたつもんです!

 一つ交渉をしなければなりません。一昨日もらったマシューズの巨大パネル。「持って帰れ」と言われましたが、そんなわけにも行きません。何とかBrandonに頼んで送ってもらわないと...経費はこちらで持つ(予算外ではありますが)ので。

 それを頼みに行くと、「OK!」と一発回答。「送料がわかったら教えてほしい。PayPalか何かで送金するから。」というと、「送料は知らせるよ。次に来るときに持って来てくれ」

 このセリフ、jomさんと聞いていたのですが、彼はその後も「あのセリフ、カッコいい!」を連発してました。私は少し違っていて「泣かそうとするなよ....」って感覚です。もう別れの時間が近づいてるのに....


 8時が来て、もう少しで迎えに行くよと「Team J」からの連絡があります。本日は9時からランボーフィールドでのスタジアムツアー+殿堂見学です。昨日のように遅れるわけにはいきません。

 marioさんは最後までJamesonと遊んでいましたが、Jameson、きっと寂しがるだろうな...

 車が到着して荷物を運びこみます。家族みんなで見送りに来てくれたBrandonの一家と「Team B」で記念写真を撮りました。宝物ですね。


IMG_0804.JPG


 さて、三たびランボーに到着です。さすが日本人! 時間までにバッチリ集合。15人のメンバーが2組に分かれ、スタジアムツアーとHall of Fame見学をこなします。私は先にスタジアムツアーの組でした。
IMG_2249.JPG
集合場所はこちらでした。

 案内のおじさんがツアー前に「お、君たち日本から来たんだよね。昨日ニュースで見たよ」なんて言ってくれます。あ、昨日のインタビュー、ちゃんと使われてたんだ...どんな風になったのか気になる...見たかったなぁ。(私自身は究極の目立ちたがりなので、テレビに出たりとか大好きなのです!)
 ツアー、面白かったです。惜しむらくは土曜にスペシャルツアーがあった分、グラウンドに降りた時の感激が少し半減したくらいかな? いやこれは贅沢なクレームですね。申し訳ない。
 VIPの観戦席や、ランボーのほぼいちばん最上層に立ってツアーメンバー全員で「Go! Pack! GO!」と叫ぶと...あ、今後これを経験する人のためにネタ晴らしをしちゃいけませんね。あとは写真に語ってもらいましょう。

IMG_3483.JPG
ランボーフィールド最高地点からの眺め。驚くべきは周囲が見渡す限り森に見えたこと。

DSC05944.JPG
近くで見るとデカい!

IMG_2256.JPG
こんなVIP席で見たい? いやいや臨場感あふれる機能の席の方が!

IMG_2268.JPG
ロッカールームにはさすがに入れない。写真パネルで説明

 午前中後半はHall Of Fame見学です。前の組は「1.5時間もたなかった」と言ってましたが、結構私はじっくり見ましたね。メンバーだけで固まることなく一人で....ここまでずっとたくさんの人に囲まれながら日々を過ごしていたので、ちょっと一人になってみたかった気分もあるんです。じっくりじっくり見たのに、なぜかロンバルディートロフィー4本の展示室が見つからず戻る羽目に…ということもあって、決まりだった12:00集合の1分前に行くと、何と皆さんもう集合済!さすが日本人のパンクチュアリティー!

IMG_4360.JPG
Packers Hall of Fameの入口

IMG_3472.JPG
レジー・ホワイトの実物大の像。正直思ったほどの巨体ではないんですね。

20170926013310.JPG

Hall of Fame 歴史を感じます!


IMG_4356.JPG

この写真好き! 涙が出そう(何回泣いてんだ!)


 さて12:00からはランボ^フィールド内のレストラン「1919」で食事です。注文して待ってると見知らぬ女性から声をかけられました。「あなた昨日テレビに出てた人でしょ?」っていきなりハグされて、「一緒に写真撮って!」なんて。

 なんだか「なぁ、みんな。俺ってビッグ?」って勘違いしそうでした。(アラジン、どこ行ったんや...)

 後日、家に帰ったら、息子から「ネットに出てた。どんだけ遊んでんだよ!」と笑われ見せてくれたのがこれでした。



これサイトには、トップのダイジェスト動画と下の方に完全版があるんですが、ちぃさんの流暢な英語での「熱いパッカーズ愛を語る」部分と、私の「Party, party, much drunken!」の対象が凄すぎます。私だって10分はインタビューされ真面目なこと言ってたんですよ!でもそういった部分はしっかりちぃさんに持って行かれて、たったあれだけ切り取られ...
 あぁテレビってこうやって作られんだ...と感心した次第です。これを私の帰国前に見た家族の心境たるや....


 ごめんなさい。本題に戻ります。

 食事の後は、スタジアムの中のPro Shop」で買い物、その後、車に乗って「Jersey Shop」、「Bay Park Square」(ショッピングモール)と回ります。
 例えば選手のジャージーだと、なぜか「Jersey Shop」の方がレアな選手のジャージがあったりとか、「Bay Park Square」の方が意表を突いたグッズがあったりするんですね。このあたりはさすがにちぃさんです。

IMG_4374.JPG
3軒目のBay Park Square 

P_20170925_000421.jpg
なぜかPro ShopとJersey Shopの写真がないんですね。買い物に忙しくて写真どこじゃない?

 私自身はここ4年、#80Driverの一張羅だったので「Jersey Shop」で悩んだ末、#12Rodgersの白ユニと、#17Adamsの緑ユニ買いました。また、カミさんにあきれられるだろうな。

AA4E496C-4AD1-4EFC-B952-B384F3F0FC51.heic5431DBA8-553E-4C65-9D4B-3B1D1B0E0ABE.heic

 でも、私など物欲薄いほうで、買ったのは上の写真の3着の衣類だけです。みなさんもっとすごかったもんね。この投資が巡り巡ってパッカーズの強化につながるんだし!

 「ホテル組」が泊まっていたホテルに、「Team J」「Team B」も行き、まずはチェックイン。一休み後、Driverの看板で有名な「Titletown Brewering Company」に行って、最後の晩餐です。
DSC06000.JPG
まぁ、やはりボリュームが半端なかったです!

DSC06006.JPG
最後の集合写真! 



posted by チェッポ at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | 2017 現地観戦会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。