2015年10月20日

Week6 SD@GB Game Report

byeウィーク前の直前の戦いは、昨週に続いて、ランボーフィールド。今年も年に1度のスローバックユニフォームの一戦です。

temp151018-packers-chargers-biever-02-2--nfl_mezz_1280_1024.jpg
恒例のゲームキャプテンの集合写真。恒例のロジャーズ背後霊ロケーション

昨年までで見慣れた丸の中の背番号スケジュールと比べるとカッコいいと思いませんか?
PACKERZONEさんの「パッカーズの歴史」によると最古の3つのユニフォームの2番目が昨年までのスローバックユニ。そして3番目が今回のユニになります
写真はPACKERZONEよりいただきました
uniform_1.jpg uniform_2.jpg uniform_3.jpg 
1921-23         1929-30         1937-49

さて、本日の相手は2勝3敗ながらもQBのパス距離ランキングNo.1のリヴァースを擁するサンディエゴ・チャージャーズです。好調の守備がOLに多数のけが人を抱えるチャージャーズのポケットにいかに侵入しリヴァースを苦しめるかが大きなポイントでしょうか?
Week4同様、日本時間5:25からということで起床時間は楽。GAMEPASSで観戦しました。前半はコイントスに勝って後攻。

1Q
TBでSD20からの敵の攻撃はWRアレンに7yds、6ydsと連続成功で1stダウン。またまたアレンに9ydsパスの後、ゴードンのランは-2ydsでロスタックル!次のパスはオーバースローでパントになりました。パントリターン時の反則でスタート地点はGB13
いきなりスタークスが25ydsのビッグ・ラン! 続いては、ジョーンズがショートパスをRACで22yds稼ぎます。アッという間のSD40。レイシー5ydsパス、レイシーのランで3ydsの後フォールススタートで3rd&7に追い込まれますが、ここでQBロジャーズがするすると中央を抜け15ydsゲイン!ダウン更新でSD22に!双方反則のノープレーの後、コブへの横パスが12ydsゲイン、一気にSD10!モンゴメリーへの5ydsパスの後、ショベルパスはを受けたスタークスが最後は体を伸ばしてタッチダウン!早くも先制7-0! 幸先が良過ぎます。
temp151018-packers-chargers-biever-01-20--nfl_mezz_1280_1024.jpg
次のSDの攻撃は、SD20からまたまたアレンに9ydsパス。ゴードン3ydsでダウン更新。ゲイツに5ydsパスの後、ウッドヘッド-1ydのあと再びアレンに7ydsパスで止まらず。パス失敗の後、ゴードンに25ydsのラン(この日唯一のロングラン)を決められGB32まで迫られます。次のゴードンのラン3yds進みますがファンブル!GBがリカバーしたかに見えましたが及ばず...残念過ぎる!次のTD狙いのパスもシールズがカット(INTできたかも)、3rd&7でまたまたアレンに12ydsパスがヒット。しかしここで守備が踏ん張りゴードンのランを-1ydにし、TD狙いはオーバスローのあと次のパスをデートン・ジョーンズが指にかけ通しませんでした。FGに何とか抑えて7-3となるもリードを保ちました。
またリターン時の反則でGB15から。ロジャーズがサック寸前にリリースしてパス失敗で逃れると、続くスタークス1yd、SD反則の3rd&4で、ロジャーズのパスは相手インターフェアを誘い、GB35でダウン更新。パス失敗の後、スタークスのランプレーは中央でノーゲインか...と思われましたが、集団に背中でぶつかりクルリと回ってかわした後、ワイドオープンの右のスペースを走る走る!WRジャニスのナイスブロックもあり何と65ydsのキャリアロンゲストのタッチダウン!スタークス今日2個目。もうゲームMVP決まりじゃないか?と思われる大活躍で14-3!完全なパッカーズペースです。
temp151018-packers-chargers-biever-02-5--nfl_mezz_1280_1024.jpg
ところが、SDもしぶとい。フロイドに16yds、RBオリバーに12ydsとポンポン決められます。オリバーの1ydラン 2nd&9で1Q終了。

2Q
オリバー7yds、インマン8ydsと連続パスが決まりダウン更新。GBオフサイド、グリーン4ydsパス、パス失敗の3rd&1でまたまたアレンに12ydsパスが決まりレッドゾーンに侵入されます。GB19からTD狙いパス失敗、ウッドヘッド4ydsのあと、次のアレンへのパスは3ydsで止まり4th&3残り12ydsでなんとここでSDはギャンブル。ゴールライン付近へのパスを何と名手ゲイツが落球!無失点で抑えることができました。
次の攻撃、最初のプレーは背番号80への21ydsパス! TEペリロだそうです。申し訳ないけど知らなかった。モンゴメリに走らせ4ydsの後、次のプレイはまたまたショベルパスを受けたモンゴメリーが走って1stダウン獲得...もモンゴメリが倒れたまま動かない、ウソ!信じたくないのですが足首を痛めてカートで退場です。痛すぎます!
気を取り直したいところですが、次のロングパスをコブがまさかのドロップ。次のパスもコブが競り合って捕れず3rd&10...しかしここで46ydsものロングパスを身を挺してキャッチしたのはWRジャニス!今季初キャッチです。一気にSD11まで侵入! その後の相手反則でさらにSD06 しかしクーンへの1ydショベルパス、レイシー0ydsで最後のパスも決まらず、それでも結局FGで17-3とします。
次の相手攻撃は、サイドに出たあとにランナーをついたとされて、クリントンディクスのアンネッササリーラフネスとなり15yds進まれます。しかしその後ゴードンのランプレー時にファンブル!今度はこれをマシューズがカバーし、SD34と絶好の位置でターンオーバーです。スタークス-2yds、パス失敗の後、ハードカウントで反則を誘い、SD31で3rd&7。まぁこの位置なら名手クロスビーで3点は確実かと思いきや、何とQBロジャーズがサックで-9yds。パントになってしまいました。もったいない!もったいなさすぎ!
前半残り4:47でSD12から。オリバー5yds、SDホールディング-8ydsで2nd&13から、オリバー、ウッドヘッドのRB陣に7yds,8ydsとパスを決め1stダウン。フロイドに2ydsパスが決まったところで2min。まだまだSD26ですから余裕....のはずが、ゲーツに13yds、パス失敗の後、再度アレンに38ydsのロングボム決まります。えーーーウソーーあっという間のGB23。またまたアレンにライン際の16ydsパスが決まりとうとうGB07に。次のパスをインターセプトと思いきや相手フォールススタートでノープレー。ウッドヘッド2yds、パス失敗、アレンへのパスはゴールラインぎりぎりも1ydで止まったとの判定。残り2秒4th&1。さぁどうする!SDタイムアウトの後、出てきたのはFGチームでしたが、先のプレーのレビュー(判定はそのまま)の後、再びリヴァースが登場。GBタイムアウトのあとのラストプレーはインマンへの絶妙のTDパスとなってしまいます。何と最悪な終わり方。17-10で前半終了です。

3Q
勝っているとはいえ、無駄な7点献上したので、ここは最初のプレーでバシッと取り返したいところ。
SD前半最後の反則で15yds後ろのキックオフはやはりGB10に飛んだ短めのキックとなり代役KRアブレデリスが30ydsのナイスリターン!GB40からの好位置です。ところが、レイシー3yds、パス失敗の後、サックを食らってあえなく3&out...ウーン...
SD21から、ゲイツ6ydsキャッチ、オリバー1ydの後SDフェイスマスクで3rd&17に。これはチャンスと思いきやフロイドに何と60ydsの長距離砲が決まってしまいます。一気にGB36。ウッドヘッド2yds、パス失敗でまたもや3rd&ロングでアレンに14ydsでダウン更新され、ウッドヘッド1ydの後、グリーンに19ydsTDパス....ランボーフィールドが静かになってしまいました。とうとう17-17の同点。最悪の雰囲気です。
次の攻撃はジャニスへのパス失敗、R.ロジャーズへの9ydsパスの後、残り1yd未満でしたが、選んだプレーはR.ロジャーズへのロングパス。キャッチはしたんですがサイドライン残ることができずパント...ここはランでしょう...とPACKERZONEのチャットルームがブーイングです。
SDは自陣16ydから。アレン7yds、オリバー3ydsで1stダウン。次はパス失敗、ウッドヘッドへのパス6ydsでアレンへのパス8yds。でダウン更新もここでアレンがケガで退場。ここまで14キャッチ157ydsのアレン退場は彼には気の毒ですが正直少しラッキー。パス2回失敗の後、ゲイツへのパスは9yds止まり。ここでSDクイックでのギャンブルに慌てたDEダニエルズが飛び出し、労せずして1stダウン献上。もったいない!パス失敗の後、ようやくようやくペパーズのサックが決まり、3rd&13でのロングパスをバンジョーがよくついてパントに追い込みます。ハイドは16ヤードのナイスリターンでGB31から。
スタークス4ydsの後、コブがキャッチ&ランで26ydsのビッグゲイン!敵陣に入ります。パス1本失敗の後、スタークスが7ydsのナイスラン、そして出ました秘密兵器!クーーーーンへのスクリーンパスが19ydsのゲインとなりSD13からの1stダウン。スタークスがまた5ydsのゲインの後、今度は切り札登場!J.ジョーンズへの見事なバックショルダーTDパスが決まります。やっと突き放せたぞ! 24-17です! 本当にお買い得のカムバックでしたね。
temp151018-packers-chargers-biever-03-14--nfl_mezz_1280_1024.jpg
SD23からの敵の反攻は、まずはフロイドに11ydsパス。続いてインマンへ9ydsパスで3Q終了します。7点差はつけたけどまだまだ油断がならないまま最終Qだ。

4Q
2nd&1はオリバーが4ydsランでダウン更新。パス失敗、オリバー6ydsのあと、またまた3rdダウンでウッドヘッドにキャッチされ、ハイドのタックルも届かず25ydsのゲインに....先週までの神ディフェンスはどうした! ハッパが届いたのか、ダニエルズ&ニールのサックが決まり-8yds、次も連続サックかと思いきや倒しそこなうと、リヴァースが無理な体勢からパス。これが16yds挽回のパスになりレッドゾーン...。次のパスにシールズが飛び込むインターセプトならず!結局FGは許してしまいます。24-20
何とか引き離したいところでしたが、GB29からの攻撃はレイシーがいきなりファンブル!相手にカバーされたら即、逆転のピンチでしたが、TJラングが何とかカバー! しかしロジャーズがサックでレイシーへのパスも12yds止まりでパント....苦しい状況が続きます。
SDはゲイツにいきなり21ydsパス。その後パス失敗、オリバーへの14ydsパスでダウン更新。オリバー3ydsの後のフロイドへのロングボムはCBランドールが何とかカバー。GBタイムアウト後のGB40 3rd&7でデイトン・ジョーンズが値千金のサックを背後から決めました。助かった!またまた逆転のピンチを救いました。パントはTBとなり、攻撃権奪取です。
ファーストプレーで見事なプレーアクションパスがRロジャーズに決まり25ydsゲイン!スタークス2ydsの後、サックをギリギリかわしたロジャーズが今日何本目かのショベルパスをジャニスに!これがランアフターキャッチで33ydsのビッグゲインになります。一気にSD20! FGで7点差でももちろんうれしいけどやはり安全圏のためにはTDだ!スタークス5yds、スタークスへの惜しいTDパス失敗の後、次も投げ捨てとなりますがここでディフェンスにホールディングがあり、一転SD10からのファーストダウン!しかしスタークス0yds、パス失敗の後、R.ロジャーズへのTDパスはわずかに高く、FGとなります。27-20! これで一発逆転の危機は去りましたが、できれば決めておきたかった。残りは2:37 しかもSDはタイムアウトを3つとも残しています。油断はならない。
SD20から。まずはゲイツに11ydsウッドヘッドに12ydsと連続でファーストダウン取ったところで2min。その後ゲイツに5ydsパス、またまたゲイツに13ydsパスが決まり、あっという間にGB39。タイムアウト1回目でまだ1:19残っているぞ!さらにウッドヘッド、ゲイツ、グリーンに連続12ydsパスが決まり、GB03!残り33秒絶体絶命で1stダウンはウッドヘッドのランを1ydに止めタイムアウト2回目。2ndダウンはダブルカバーへのゲイツへのTDパス決まらず! 前に走りこんだウッドヘッドがワイドオープンだっただけにラッキー!3rdダウンはウッドヘッドのランだが、これも懇親のロスタックルでSD最後のタイムアウト!残り20秒で3yd 4thダウンからのリヴァースのパスは右に流れたウッドヘッドへ...決まったかと思われたその時、まるでサッカーPK戦のキーパーのようにCBランドールが炎のパンチングでナイスセーブ!
hi-res-b9dcf70f2489f79b15daf75f377cc5fb_crop_north.jpg
逃げ切りました!27-20!開幕6連勝ですが最もラストに緊張した試合でした。ランドールさすがドラ1!先週はドラ2CBロリンズの日でしたが、今日はランドールがディフェンスヒーローです!
バンザーーーーーイ!


ジャーズ 16/29 255yds 2TD 0INT リヴァースが華々しかっただけに地味に見えます。プレーもショベルパスに代表されるショートパスが多く長距離パスは目立たなかったですしね。でも無理をしいない安全運転でしっかり2TDパスを含み27点を獲得するのですから、文句は言えません。
レシーブのヤーデージNo.1はなんとジャニスの79yds(/2catch)、以下はコブ38yds/2、R.ロジャーズ34yds/2、ジョーンズ30yds/2(1TD)、初出場のTEペリロの21yds/1、クーン20yds/2と続きます。何とターゲットは9人で3回キャッチしたレシーバーがいないというのもすごいと言うべきかどうなのか...
ランは、スタークス10回112yds(1TD)と大爆発。65ydsのTDランは圧巻でした。レイシーは4回3ydsと信じられない実績でした。

守備はQBリヴァースには完全にやられました。43/65 503yds 2TD 0INT (スクランブル0というのも珍しくないですか?)サックは3つ(ペッパーズ1、ジョーンズ1、ニールとダニエルズ0.5ずつ)で、とにかくワンマンショー的な獅子奮迅の大活躍でした。ランが出ないうえに終始劣勢だったから投げざるを得ない状況ですが、それがこの成功率で決まるというのはやられすぎでしょう。でも相手を褒めるべきか? それでもラストドライブに象徴されるように、2TDに抑え、崩れなかったのは素晴らしかったですね。
逆にランはゴードン7回29yds、オリバー7回23yds、ウッドヘッド7回8yds 合計たったの60yds(平均3yds以下)と完封。結局OLの弱さはランに一番出たのかもしれません。最後に効きましたね。

ケガは何といってもモンゴメリーが気になります。入れ替わりにアダムズが戻っては来るのでしょうが超心配。リターナーは代役のアブレデリスがまずまずでしたが....

次週はbye。ちょっと寂しい1週間となります。ケガのある選手はここを利用してしっかり治しちゃってくだしね。

後半も快進撃だ! Go! Pack! Go!
続きを読む
posted by チェッポ at 02:59| 東京 ☀| Comment(5) | 2015シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

けんちゃんのランボー観戦記

先日、渋谷での観戦会を決行したWeek2のSEA@GBに、チャーリーさん、kobaさんと3人で聖地ランボーフィールドで現地観戦したけんちゃんから、観戦記が届きました。(fatdragon08さんはご家族と別行動でした)
貴重な現地での写真(注記のないものはチャーリーさん撮影、説明文はチェッポが書いています)とともにこちらで紹介させていただきます。


ハーフタイムが終わって第3Qに突入。シーホークス、怒濤の攻撃。『あっ』と言う間に2本連続のTDで13−17。前半のリードは雲散霧消してしまいました。これがNFCチャンプの底力か。
なんの、世間ではシーホークスの3連勝なんて言っているが、私に言わせればインチキ負け(一昨年)に、ウソ負け(去年のチャンピオンシップ)で、唯一負けたのは去年の開幕戦だけでシーホークス戦は2用1敗なのだ。
こちとら、世間にもその実態を認識させねばならね、とはるばる海を渡って何千キロ、何千マイル、旅して来ているのだ、こんなところで負けてなるものか・・・。
            ∞
少し、時計の針を戻しましょう。
Kobaさんが仕事の都合でどうしても試合当日の20日でなければ出発できない、と言います。
仕方がないから20日早朝出国。何故か?その日の午前中にシカゴ到着。シカゴ→グリーンベイのアメリカン航空の馬鹿高さに貧乏人3人(けんちゃん、チャーリーさん、Kobaさん)はグリーンベイまでをレンタカーで走行する事に決めたのです。
Kobaさんは助手席でナビ担当。チャーリーさん、寝不足でダウン。200マイル、320キロを、大きな声では言えないが、時に時速100マイルでけんちゃんが一人で飛ばしたのです。
ランボーフイールド到着。

3C6394E3-17B2-493B-8292-4271017ECBD8.jpg
けんちゃんのランボーリープ このショット、fatdragon08さんのFacebookでも見ました。みんなやること一緒(笑)

1C8080CF-452B-4837-B72D-7DFD57648A11.jpg
ランボーフィールドに隣接するHall of Fame内の4本のロンバルディトロフィーの前にて、チャーリーさんとけんちゃん
来年は5本になっていればいいですね

BFB3A80F-9FDB-442D-88AB-DB9C4875CACE.jpg
やはり威厳を感じます!

2E536638-BAE3-4B7B-B8E0-111AF612004C.jpg
A.Rodgersのリング (僕はまだまだ2個目3個目を取るからこれは展示していいよ、って言ったかどうかは不明です)

チャーリーさんの知合いの別嬪さんのテールゲートパーティに合流した頃には眠気も吹っ飛んでおりました。
どこからともなく可愛い奥さんとこれまた可愛い二人の男の子と一緒にfatdragon08さんも現れる。
7B198827-1CB5-4E27-9DCF-24035D48F553.jpg
DED42542-DA88-4F60-AD86-C609EAFC9142.jpg
A6CDB5FE-12EA-4D59-8965-061443148681.jpg
当日のテールゲートパーティー(fatdragon08さんからいただきました)

皆でわいわい、がやがやとやってるうちに試合開始が近づきます。
fatdragon08さんの5歳のボクは私と固い握手を交わしながら、私の持って行った広島名物「川通り餅」を『おいしい、おいしい』と頬ばるのでありました。
テールゲートパーティはそれはそれで、とても愉しいイベントであったのですが、あまりその事に触れていると、時間がなくなりそうですから、先を急ぎましょう。
BE0C27E3-414D-4445-BFA5-DEF1B94C61EA.jpg
チケットを手にいよいよ入場!左からチャーリーさん、kobaさん、けんちゃん

D055AB62-85EF-4750-8FB4-706DCE75181B.jpg
試合前の練習かな?

218C8A98-B109-4201-A244-9101C85BE006.jpg
選手入場!歓声が聞こえてきそうです。

いよいよ、試合開始。
私はこれで何度目かのランボーフイールドですが、こんなクラウドノイズは聞いた事がありません。恐らくクゥエストフィールドもかくや、と思わせるような大騒音でした。
何しろ、シーホークスが最初のドライブでタイムアウトを取ったほどですからね。
後で分かった事ですが、この日はスタジアム拡張以来の入場者数も新記録との事でした。その人数もこの大騒音に寄与しているのでしょうね。
それに、座って観ている人なんて一人もいない。オフェンスであろうとデゥフェンスであろうと関係なし。プレイが始まる度に皆が皆、大声張り上げて立ち上がるんですから、座ってたんでは何一つ観えません。足、腰の弱い人はランボーフイールド、辛いです。
            ∞
で、試合開始からハーフタイムまでは良かったけれど、第3Qに入ってから雲行きが怪しくなってきました。
「大丈夫やろか、まさか負けるような事は、何のためにはるばる」・・勝った瞬間にはチェッポさんに直ぐに電話して、次の日の新聞もお土産に買って帰ろう、と決めていたのに・・。それにしても、ムードが悪い。モメンタムが悪い。正直、不安で一杯になりました。
いや、いや、はるか東京ではチェッポさんも、それに何より醍醐大明神が応援している。負ける筈はない。
パッカーズの、ロジャースの反撃が始まりました。ロジャース、決して怒濤の進軍、という感じではありません。しかし、悠揚迫らず、とでも言うのでしょうか。慌てず、あせらず、一歩、一歩着実に、しっかりと歩を進めて行く感じ。本当に頼もしい。『relax』と言われてる様な気がしました。
テレビなんかで良く「このQBは第4Qやオーバータイムで何度逆転した」なんてテロップが勝負強いQBの代名詞みたいに流れますよね。
でも、私は『何、言ってんだい。ロジャースはそうした窮地にチームを立たさないんだよ。でもって、もしもの時はちゃんとやるんだよ』
と思っていたし、GAORAで村田斉潔さんもそう言ってました。
今、言った様に大体、パッカーズは典型的な先行逃げ切りです。でも、得意の勝ちパターンが崩れたって、その逆だってやる時はやるんだなぁ。あぁ、良い気持ち。
勿論、ディフェンスも頑張りました(エリオット、ナイス)。
試合終了と同時にチェッポさんに電話しました。二回目でちゃんと通じたけれど、何言ってんだか、両方の騒音で何も聞こえませんでした。
でも、良いんです。勝利を共有出来ただけで。
FC341692-76C8-40D3-AAA8-8C4BBDDF0976.jpg
We won!

F44342DD-84C5-4CFB-9C57-D0DA76283A08.jpg
チャーリーさん、kobaさんの至福のひと時

EA4A6084-9BBF-42EE-B025-AE6A00F1E23C.jpg
出口に向かう観衆

帰りはアメリカ中の車がこの小さなグリーンベイの街に集まっているんじゃなかろうか、と言うくらいにどこもかしこも大渋滞でちっとも前に進みません。でも、勿論、ちっとも腹なんて立ちません。あっちこっちから『Go Pack Go』が聞こえてきます。
やっと、ホテルに着いたらホテルの玄関広間のテレビでピート・キャロルが何か言い訳をくっ喋ってました。ホテルに入って来た12番と52番のジャージィ−のアベックがテレビを指差して二人で大笑い。
私もそれを見て貰い笑い?しました。
翌日は同じ新聞、グリーンベイプレスガゼットを5部、買いました。

以上です。
けんちゃん、ご寄稿本当にありがとうございました!

ちなみに試合直後のけんちゃんからのお電話、当方はけんちゃんの声、何とか聞き取れました。涙声でしたよ(笑)
でも、確かに周りの歓声が凄くて大変でした。

あと、最後にあったプレスガゼットですが、うち1部はけんちゃんからのお土産の一つとして送っていただきました。大変重厚なゲームプログラムと一緒に。有り難さで涙ちょちょ切れます。
次回の観戦会にお持ちしますね。

posted by チェッポ at 21:13| 東京 ☁| Comment(5) | 2015シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Week4 GB@SF Game Report

今シーズンのスーパーボウル開催地となる49ersの昨年からの本拠地 リーバイス・スタジアムで行われた第4週の対戦は、2012年シーズンのプレイオフの悪夢に始まり、2013年のWeek1、再びそのシーズンのワイルドカードとキャパニックに3連敗中なのがどうも気に食わないですね。
こういうところで個人的な感情をむき出しにするのはよくないのかもしれませんが、私は誰が嫌いと言って、このキャパニックは、ドルフィンズに行ったスーと張るくらい嫌いですね。49ersと言えば伝統も品格もあるチーム。QBもモンタナ→ヤングというまさに正統派のスターが務めていたわけで、そこをタトゥーだらけのあの下品極まりないQBが、アレックス・スミスの脳震盪に乗じて上がってきてでかい顔しているのは...どうにもこうにもです。(言いたい放題ですが、俺のブログやねん。言わせてや!)
今日はぜひぜひサックをいっぱい浴びせてファンブルロストでもさせてやってくれーーーという気分でした。
日本時間5:25からということで比較的起床時間も楽でした。PACKERZONEのチャットを横目にGAMEPASSで観戦です。前半は先攻。

1Q
TBでGB20から。モンゴメリへのパス失敗(キャッチできたかも...)、レイシー1ydロスで3rd&11でロジャースがサック...と最悪の立ち上がりと思いきや、SFイリーガルコンタクトでオートマチック1stダウンという僥倖に恵まれます。パス失敗の後、スタークスへの8ydsパスのあと、コブへの10ydsパスが決まり1st更新。ジョーンズ5ydsキャッチのあと、スタークスが鋭く駆け上がり1stダウン。TEロジャースへの12ydsパスも決まり、SF35まで進みます。レイシー5ydsのあとコブへの19ydsパスがしヒットし一気にSF11へレイシー2ydsランの後、SFのラッシュに追い掛け回されたものの牛若丸のようにひらりひらりとかわした挙句、これもディフェンスを振り切ったTEロジャースにTDパスが通りました!すばらしい幸先で7-0。
しかし、SFのファーストプレーで、いきなりキャパニックのスクランブルが12ydsゲイン。むかつく!しかしこのあと、パス失敗の後、RBハイド7yds、フォールススタートで迎えた3rd&8での6ydsパスのRACを許さないナイスタックルでパントに追い込みます。よくやった!
GB15からの攻撃はモンゴメリに走らせて9yds、ロジャーススクランブルも12ydsで楽々1stダウンも、次はコブへの6ydsパス、モンゴメリ1ydsラン、フォールススタート(ラング)の後、ロジャースのスクランブルが4yds止まりでパント....。

ここで、FOXは49ersの#8をまとったロジャースの少年時代と少年キャパニックのファーヴジャージが並べられ、逆のチームに入ったという解説...ふーーー、ロジャース来てくれてよかったよかった。

SF21からの相手攻撃は、キャパニック9ydsラン、ボルディンへのショートパスで1st更新された後、ボルディン1ydパスの後、TEマクドナルドが取れば1stダウンの球を見事に落球。そのあとのパス失敗でパントに追い込むと、このパントが21ydsのシャンクパント。GB45からの攻撃。ラッキー! レイシーが5yds進んで1Q終了。

2Q
ハーフラインからレイシー3ydsのあと、3rd&2で残念ながらパス失敗でパント。
SF攻撃は RBハイドのラン1yd, 5ydsで止めキャパニックのランを3ydsで止め3&out!
GB攻撃も GB12からスタークス1yd,ジョーンズ8ydパスもロジャースパス失敗で3&out...
次のSF攻撃は、SF反則、ハイド7ydsランの2nd&11からWRパットンへのバレーボールのトスみたいなパスがRACでなんと40ydsのビッグゲインとなり一気にGB33へ。さらにセレクへの13ydsパスも決まりGB20に。ハイドノーゲインの後、キャパニック、スナップをファンブルしたくせに拾って7ydsゲイン。何じゃそりゃ。そしてボルディンに8ydsパスでGB05へ。同点の大ピンチだ。
しかしここからビッグプレーが続出します。まずはドロップバックしたQBにペリーが一直線のサックでー10yds! そして今度はエリオットが連続サックでー7yds! 3rd&22となってマクドナルドへのパスにタックルしたトーマスがファンブルフォース! これは残念ながら奪えなかったが、見事にこの攻撃をFGに止めました。7-3になりました。
残り4:25 願わくば使い切ってタッチダウンが理想の攻撃。GB20からサック寸前でロジャースが左手でのレイシーへのパスで3yds。ホールディングの反則で10yds下がったところで、ジョーンズに36ydsパスが通る。ヨシ!GB49からモンゴメリへのパス4yds、レイシー5ydsの後、レイシーがノーゲインで止められ2minに。ここでギャンブル選択!レイシーはここではしっかり10ydsゲインしSF32へ。FGレンジに来たから後はゆっくり時間を使って行こう! モンゴメリへの3ydsのあと、ジョーンズへのTDパスは惜しくも失敗。コブへのパスは1stダウン獲得に見えるも足らず、またも4thダウンギャンブル。ここでまたまたレイシー6ydsゲインで攻撃続行。残りは23秒、SF17の緊迫した場面。コブへのTDパスはナイスカバレッジで通らず、投げ捨ての後結局サックで9yds下がって残り2秒でタイムアウト。44ydsFGトライは...クロスビーなんとまさかの失敗でいやーーーーな形で前半を終了してしまいます。

3Q
後半はSFの攻撃から。3rd&8に追い込みながらパットンに13ydsパスが決まり1stダウン。しかしまたも守備陣が奮起! RBハイドをマシューズが-3ydsロスタックルに仕留めその後もハイドへのスクリーンパスを2ydsでラジがタックル、RBブッシュのランをハハがナイスタックルでノーゲインとし、パントに追い込みます。嫌な前半の終わり方を忘れさせるような好プレイの連続!
SFパンターが調子悪いらしく、短いパントをさらにハイドがナイスリターンでGB39からの攻撃権
スタークス3ydsのあと、またホールディング。OL反則多すぎ!しかしTEロジャースへ8yds、ジョーンズとに11ydsを投げてミスを帳消しに。次も投げ捨て、コブへのパス3ydsで3rd&7となりますが、ここでビッグプレイ!左サイドラインへの38ydsロングパスをジョーンズがうまく足を残してナイスキャッチ!


絶対ネルソン乗り移ってるって。すごいの一言です!一気にSF08!
ここでまたまたシットンのホールディングで10yds下げられ次が投げ捨ての後、スクランブルに出たQBロジャースがコーナーポストに向かって爆走!惜しくも残り1ydでサイドラインを踏んでいたため3rd&1!
ここで登場はこの人しかいないかも。クーーーーーーーーーーーーーン!見事に中央を突破してタッチダウン!なんと今季初キャリーが貴重なタッチダウンになりました! 14-3と突き放します。
packers-49ers-2nd-half-9--nfl_mezz_1280_1024.jpg
次のSF攻撃ではハイド1yd、セレクへのパス5ydの後、キャパニックをマシューズがサーーック!流れを相手に渡しません!
packers-49ers-2nd-half-14--nfl_mezz_1280_1024.jpg
ここでまたまたミスパントでSF48からの攻撃。乗ってるクーンに8ydsパス、TEロジャースに7ydsパスと簡単にダウン更新。すると一転スタークス5yds、レイシー12ydsと今度は走って1stダウン。レッドゾーンに入りますがレイシー2yds、スタークス1ydの後、コブへのパス失敗。残念!クロスビー今度は31ydsFGを決めて17-3とします。
敵の攻撃はSF12から、パス失敗、キャパニック3yds、スミスへのパス7ydsでダウン更新したところで3Q終了です。


4Q
キャパニックのリードオプションからのランは-1yd、ここでペリーがサックを決めさらに-2yds。次もスクランブルだが7ydsで止め、またまたパントに追い込みます。
GBはTEロジャースへの9ydsパスの後、レイシー15ydsのビッグゲインが出ますが、モンゴメリへのパス8ydsのあとシットンがまたまたホールディングで罰退が響き、ロジャースもサックされてここはパントとなります。
次の守備。パス失敗の後、今度はペッパーズがサック!追い込まれたキャパニックは次の3rd&ロングでたまらず無理なロングパス。これを難なくシールズがインターセプト!全くすきを見せないすごい守備陣です!
packers-49ers-2nd-half-28--nfl_mezz_1280_1024.jpg

パッカーズはレイシー7yds,0ydの後、ロジャースがサックされ3&out
パスしかないSFは2本のパス失敗の後、ランドールがついていたスミスに47ydsパスが決まりGB20へ。この時点で残り5:08ですからTD食らうと7点差となって少しハラハラになる。頑張れ!
キャパニックのスクランブルを5ydsで止め、パス失敗の後のTD狙いは今度はランドールがスミスに競ってパス失敗で4thダウンに。残り4:34でここは強攻。しかしその望みをニールが秒速サック!
あとは時間をつぶしに行きます。レイシー3連発は-1,10,3ydsでダウン更新。レイシー7yds、スタークス3ydsでまたまた1stダウン!ここで2min。お次はスタークス3連発で4,2,3ydsで4th&1もう時間つぶすだけなので、ディレイで下がったあとパントで相手に残った時間は13秒でした。そのあとパス失敗とセレクへの8ydsパスでタイムアップ。17-3! もう文句のない試合運びでした!

ジャース 22/32 224yds 1TD 0INT 5TDの前週と比べればなんとも地味な数字ですが、オフェンスラインがたびたび破られる中、決して無理をせず、時にしっかりスクランブルで1stダウンを取ったり、後半はしっかりと時間を稼ぎ点差を守ることに貢献したと思います。(ラン3回33yds)
レシーブは、ジョーンズが5回98yds、Rロジャース5回45yds、コブ5回44ydsといつもながらに見事な投げ分けでアダムスの穴を埋めています。
ランは、レーシー18回90ydsと前週よりは出番が増え、スタークスは9回28ydsでした。何よりもたった
1回1ydながらも一発でTDを決めたクーン!素敵すぎます。

そして今日は何よりも守備!憎きQBキャパニックを13/25 160yds 0TD 1INT ランも10回57yds(最長は最初の12yds)に抑え完封。そして6サック(ペリー2、マシューズ、ペッパーズ、ニール、エリオット)を浴びせました。気持いい〜!RBハイドも8回20yds とにかく1FGに抑えたのだからこれ以上の働きはありませんよね。 タックルリーダー(7)のハハ・クリントンディクス、インターセプトのシールズも...いやいや守備全員良くやりました。

次週はホームのラムズ戦。なんだか強いのだか弱いのだかわからないチームだけど、観戦会ですから負けるわけはないですよね。

このまま6-0でbyeを迎えましょう。Go! Pack! Go!
posted by チェッポ at 01:55| 東京 ☁| Comment(1) | 2015シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。